トップページ  >  ワークショップ  >  取り付けには何が必要か?

取り付けには何が必要か?

ここでは、工具類は別にして、取り付けに必要な部品に付いてお話します。
まず、オーディオの取り付けに必要な物は、現在社外のオーディオが付いていれば何も問題無く取り付けに関する部品、キットも必要ありません(注意:純正指定の社外オーディオは純正扱いとします)。純正から交換して取りつけるには取りつけキット、配線カプラーキット、アンテナ変換コード、場合によっては金具、表面のパネル等が必要になります。最低限でも配線カプラーキットは必要です。詳しくは下記を参考に。

DVDカーナビ取付けにはバッテリーから直接電源を引く事をお勧めします。最近のDVDは意外と電力消費が多い為、従来オーディオ裏から配線を分岐させて取り出す事が多かったですが、オーディオ自体もハイパワーになり最大消費電力が10Aを超える物も多く、そこから取り出すと当然の事ながら電圧降下が起きてナビが作動しない事が多くなりましたので別売のヒューズ&リレー付きの電源配線キット(例カロッェリアRD−221定価3,800円などの使用をお勧めします。

取り出しも配線が取り付けし易い様に加工処理してあるので特にお勧めします。またテスターもあると大変便利です。家庭内でも使えますしパソコンにも使えますので比較的安い物でも(2,500円〜)用意されると、故障時/設置時のトラブルの個所の発見に大変強い味方になってくれます。両方揃えても¥5,000少しですので店に取付けを依頼する事を思えば安い物です。是非、用意される事をお勧めします。

取り付けに必要な道具とパーツ

※取付簡単な埋め込み式型ナビはここでは該当しません。

  • ラジオペンチ又は代用品(ペンチ機能と配線を切れる機能が有る物)
  • プラス&マイナスドライバー
  • ビニール絶縁テープ
  • 不要なバスタオル等、検電ドライバー又はテスター(安物でも充分)
  • 圧着端子3〜4個またはオーディオ裏から簡単に電源の分岐が出来るKENWOODの電源分岐カプラーキット:定価1,500(圧着端子3個が有れば必要無し)
  • ガムテープ
  • テスター(任意です)
  • 検電ドライバー(任意です)
  • 最後に助手席を簡単に外せるラチェットレンチセット(安物でも充分) (助手席は外さなくても取り付け出来ますが、外した方が作業は楽です上記で検電テスターは無くても出来ますが、トラブル時に重宝します。)
  • 費用
  • 圧着端子(エレクトロタップ):カーショップで400円位
  • テスター:2,000円以内でも可
  • 検電ドライバー:1,000円)
  • ビニール絶縁テープ:100円
  • ラジオペンチ又はニッパー:800円位〜
  • ドライバー等は家庭に有る物で可
  • ラチェットレンチは安物:1,000円

メーカー毎の取り付けに必要なもの

取付けが困難な車(純正CDカセットのオーディオ付き車の案内)の注意!

すべてに共通ですがCD1体型オーディオはデーラーにて社外オーディオ交換が可能か必ず調べてください。取付けが出来なくても返品には応じれません。

Copyright (C) 2006 Arazin Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ひとつ戻る